なぜ自動車保険に入るのか

日本では18歳以上になると、運転免許を取得することが可能になります。
多くの若者は喜んで自動車学校に通い、運転免許を取得します。
免許を取得したなら早速運転したくなりますが、それには幾らかの大きな責任が生じます。
自動車保険がその一つです。
中には、免許を取得してすぐに車に乗りたくて、保険に入るまで待てない人もいます。
また、小さな事なので気にしなくていいとか、そのうちに入るからという理由で、自動車保険をそれ程重視していない人もいます。
けれどもそれは大きな落とし穴です。
自動車保険の大切さは、自動車学校でもよく学びます。
もちろん車を運転していて何事も起こらなければそれが一番いいのですが、何が起きるか分かりません。
運転する側に過失がないとしても、相手側が突っ込んでくるということも十分あり得ます。
もしもそのような事故に遭って相手側にけがを負わせてしまった場合、1人で対応するのは実際に思っているよりも大変です。
こちら側に誠意があったとしても実際のところ、お金を出してのやり取りになりますので、修理代や治療代など実際のところどのくらいの金額を支払うのが実際的なのか分かりませんし、相手側が多額の治療費を請求してくる場合も考えられます。
そのような高額の金額を一度に支払うのは困難ですし、支払うのが不可能な人もいます。
相手側が請求してくる金額が妥当なものなのかどうやって判断したらいいのかも分かりません。
その時に代わりに交渉してくれるのが自動車保険の方です。
保険には車両保険と任意保険があります。
車両保険は絶対に入らないといけない保険で、税金として支払っています。
任意保険は絶対に入らないといけない保険とは限りませんが、事故に遭った時に、実際に動いて手続きをしてくれるのがこちらの保険です。
保険料も高額になりますが、事故に遭った時のために絶対に入るべき保険です。
事故の後は会社と会社の話し合いになります。
そこで、車の修理や治療にどれくらいの金額を支払うのかが決まり、会社から支払われます。
この場合、加害者がお金を支払うことは不要です。
事故に遭うとそれだけでストレスです。
それに、事故後の手続きが加わるとしたら本当に大変です。
とてつもない高額のお金をすぐに払う必要性や、難しい手続きから解放されます。
ですから高額だからとか面倒だからという理由から自動車保険に入るのを辞めないようにしましょう。
おっさんの今日のひとこと

Copyright (C)2014比べて決めよう自動車保険!〜保険選びで損してませんか?〜.All rights reserved.